単身パックと一言で言っても複数あるため比較が重要になる

question
荷物が少なければ単身パックの検討が候補に入りますが、一言で言っても複数の業者それぞれ色があります。

 

クロネコヤマトや日通、佐川急便といった運送業者であれば専用BOXに入れコンテナによる輸送が主になり、アートやダック引越センターであれば、トラックでの輸送が主になります。

各社、規格サイズが様々であり数千円~一万円程度まで変わるため、荷物量に適したカーゴサイズを選ばないと無駄なスペース量までお支払いとなるため自宅見積もりは必定です。

 

 

長距離であれば運送業者の方が多くの荷物を運べる輸送方法があるため費用面では優位に立ちますが、

引越し業者のトラックであれば、専用トラックの貸し切りになるため他の場所に立ち寄る二か所積みや、不用品を当日に持って帰ってもらうなど機転を利かすことも可能になります。

 

 

最近では単身者の引越しのような単価の低い案件といえど価格競争が激しいため、各社の多面的な搬送方法を知り比較することにより安くなるという事は理にかなっています。

参照:少量の引越し.net
(業者選びだけでなく、安くなるその運送方法にまで多種多様なタイプがあることについて詳しく書かれています。)

 

 

ちなみに、単身パックは一人暮らしの方専用ではなく、宅配物が少なければどなたでもご利用できるサービスです。

 

また、業者選びには一辺倒に大手と決めつけるのではなく、地元密着型の業者を候補に入れることは肝要です。

少数精鋭で引越しに慣れたプロが常に作業に加わってくれるためです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です