レモンやミカンの皮に驚くべきパワー!捨てるのはもったいない!

レモンやミカンを皮ごと食べるという方も居ますが、一般的には皮は捨ててしまいますよね。

でもそれってとっても勿体ないことなんですよ。

 

みかんの皮を干すと、陳皮という優れた効能を持つ生薬になるんですよ。

mikan

  • 陳皮には、
  • 血行促進効果、
  • 美肌効果、
  • アレルギー症状の緩和、
  • コレステロール値の低下、
  • 抗炎症作用、
  • 胃腸の調子を整える作用、
  • 咳止め、
  • 痰きり、
  • むくみ改善、
  • 疲労回復、
  • 肝機能の向上

 

など様々な効果効能があります。

 

生姜と共に煎じてハチミツで味をととのえて飲んでも良いですし、

すりおろすかフードプロセッサーで粉砕したものをカップに入れて、熱湯を注いでそのまま飲んだり、スープやヨーグルトに振りかけても使えて便利です。

 

陳皮の作り方はとっても簡単です。

 

食べ終わったみかんの皮を適当な大きさにちぎって、

 

風通しの良い場所で1週間から10日間陰干しし、カラカラに乾燥すれば完成です。

 

 

漢方としてはそのまま1年以上保存したものが使われますが、

すぐに利用しても効能は得られます。

 

様々な効能のある陳皮は、湿気にさえ注意すれば、

長期保存が可能ですので、一度作っておくのが良いのではないでしょうか。

 

 

常備しておくと大変便利ですが、それ程の量は必要ありませんよね。
そんな時にはお掃除に使ってしまいましょう

 

柑橘類の皮にあるツブツブには油汚れを分解する成分が入っています。

 

油汚れの気になる場所を皮でこするだけで簡単に油汚れを落とすことができますし、
皮と少量の水を入れた鍋で煮出せば、ガラスや床拭きにも使える天然のクリーナーにもなってしまいます。

 

洗剤と違って手荒れの心配が少ないのも嬉しいですよね。

 

まだ使い切れないという場合は、消臭剤として使ってしまいましょう

 

柑橘類の皮には消臭成分も多く含まれていますので、
乾燥させた皮をそのままシューズボックスに入れてしまっても良いですし、
電子レンジや魚焼きグリルで加熱すれば、レンジやグリルの消臭だって出来てしまいます。

 

まだ余る場合はそのままお風呂に浮かべましょう

 

  • 血行促進、
  • 温浴効果、
  • 疲労回復、
  • ついでにリラックス効果

 

までついてきます。

 

食べ終わったミカンの皮は使い道が沢山ありますので、捨ててしまうのは勿体ないですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です